塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市南区へ築16年の屋根外壁の塗装見積りに行ってきました!

この記事を書いた人
伊藤健士郎
伊藤 健士郎

営業部/川越店勤務/2019年入社/桜区在住  お客様のために全力で対応する勉強家。高崎市民からさいたま市民へ。ミヤケン最低音ボイス。

皆さんこんにちは
浦和ショールーム店の伊藤です。

今回はチラシをご覧になられたお客様から、外壁の調査のご依頼をいただきました。
お話を聞いていくと、築年数は16年ほどで外壁塗装はしたことが無いという事でした。

それではさっそく見ていきます。
まずは屋根です。

スレート屋根でした。
このスレート屋根はノンアスベストの屋根材です。
将来的に金属屋根に吹き替える事が必要となってきます。

続いては外壁です。

外壁材はサイディングボードでした。
サイディングボードという事は、重要なところは、、、コーキングです。
それでは見ていきます。

コーキングに硬化とうっすらひび割れが見られました。
サイディングボードの外壁の目地のコーキングは必ず、撤去打替え工法をおすすめします。
既存のコーキング上から施工する、増し打ち工法はおすすめできません。
費用が安いからといって、増し打ち工法を選んでしまうと数年でコーキングに不具合が出てしまうので注意が必要です。

続いては幕板です。

幕板は、お家によってあるお家、無いお家があります。
この幕板も塗装をします。
お家の色を2トーンにする場合幕板を境にする事が多いです。

最後に軒裏天井です。

劣化による剥がれと汚れが見られます。軒裏天井は通気の役割があるため通気性に優れた専用塗料で保護塗装をします。
軒裏天井は劣化を放置すると貼り替え工事が必要になったりするので、異常に気づいたら早めのメンテナンスをおすすめします。

以上で今回の調査は終わりです。
お見積もりの提出は後日、コロナ対策ばっちりな浦和ショールーム店でのご案内になりました。
外壁の塗装のは初めてとの事だったので、調査報告書を作って現状をしっかりと把握していただきたいと思います!!

24時間LINE匿名相談も行っていますので、お気軽にお問合せ下さい!

LINE匿名相談はコチラ

TOP