塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

follow

埼玉県鴻巣市にてセメント瓦・モルタル外壁の塗装工事から10年点検に行ってきました。

初めまして、アフターメンテナンスの富澤です。
塗装工事後最長10年間、お客様のお家に定期的にお伺いしております。
これからどんどんブログの更新しますのでどうぞよろしくお願いいたします!

今回は埼玉県鴻巣市にて、セメント瓦屋根とモルタル外壁の塗装工事から
最後の10年点検にお伺いいたしましたので、その点検の様子をご紹介いたします。
塗替え工事は10年~15年と言われておりますが、10年前と変わらず塗膜の状態が維持されているのか、
もしくは不具合が出てしまっているのか細かいところまでしっかりと確認していきます!

まず初めにセメント瓦の点検から始めていきます。
10年前は20年という耐久性と遮熱性に優れた「遮熱フッ素塗料」を採用して塗装工事を行いました。
点検内容としては、塗膜のはがれや浮き、色あせがないかを確認していきます。


多少の汚れの付着がありましたが塗膜に異常はありませんでした。
別の角度からも確認していきましょう。

こちらの状態も異常ありませんね!
棟瓦や雪止め金具も異常なし!ばっちりですね。

続いてはモルタル外壁の点検をしていきます。
10年前は、外壁用の遮熱フッ素塗料を採用して塗装工事を行いました。
こちらも20年の耐久性に優れており、ミヤケンでオススメしている塗料です!
早速、塗膜のはがれや浮き、色あせ、そしてひび割れがないかを確認していきます。

キレイなグリーン色の外壁ですね。塗膜に異常はありませんでした。
塗装工事から10年という長い年月が経っておりますので、塗替えのサインでもある
チョーキング現象」がないか確認していきます。
指先を外壁の表面にあてて、こする。誰でも簡単に確認できるシンプルな作業です。


ほんの少し、汚れの付着がありましたが、チョーキング現象ではありませんでした。
20年耐久もしっかりと発揮されており、外壁の状態はばっちりです!

続いて、付帯部の軒裏天井です。
雨漏りのサインでもある雨ジミや、塗膜の剥がれがないかを確認していきます。

少し汚れの付着がありましたが、塗膜の不具合や、雨漏りの心配はありませんでした。
このまま雨樋の点検を行いました。
塗膜の浮きや金具の緩みなどがないかを確認していきます。

雨樋本体、塗膜に異常はありませんでした!
ツヤもあって綺麗ですね。

他にも破風板やベランダなどお家の回りの点検を行い、最後の定期点検が無事に終わりました。
塗替えのメンテナンス目安として約10年~15年と言われておりますが、塗装工事から10年後の状態も、塗膜の状態は維持されており、全て問題ありませんでした。

定期的にお客様のお家に訪問するのは今回が最後ということで、少し寂しい気持ちになりますが
これからもお家で何かお困りのことがあればすぐにご連絡ください。
専門スタッフがすぐに駆けつけます!

10年間、点検のご協力を頂きましてありがとうございました!

TOP