塗り替え実績8,900棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

外壁塗装工事後におけるアフターメンテナンスの重要性

業者に塗装工事を依頼すると、工事後のアフターメンテナンスをしてくれるところがあります。
主な内容は「定期点検」にお伺いすることが一般的に多いですが、なぜ点検を行う必要があるのでしょうか?
実は工事後に点検を行うことで美観性だけでなく、建物の機能性・安全性にも大きく影響してきます。
外壁塗装を依頼するときは、塗装技術や費用以外に工事後の保証がある業者に依頼すると良いでしょう。
そこで今回は、外壁塗装後におけるアフターメンテナンスの重要性について詳しく解説していきます。
アフターメンテナンス

外壁塗装におけるアフターメンテナンスの重要性

それではアフターメンテナンスの重要性についてご紹介します。

  • 外壁の美観を維持できる
    外壁塗装を行う目的の1つに、美観を保つことが挙げられます。
    一度外壁塗装を行うとしばらく綺麗な状態を保てますが、常に紫外線や雨・風にさらされている状態なので美観性は徐々に失われてしまいます。
    年数は経っていても、いつまでも綺麗な状態にしておきたいという場合にこの定期点検が非常に重要なのです。
    また、美観性は建物の価値を判断する上で欠かせない指標です。特にマンションやアパート、ビルなどは入居する際に外観が綺麗かどうかも評価のポイントになってくるので、空室リスクを抑えるためにも外壁の美観は保っていた方が良いでしょう。
    完成

  • 不具合の異変に気付くことができ、塗装の機能性を保つことが出来る
    塗料はただ見た目を良くするものではなく、外壁の機能性を向上させる役割も果たしています。
    建材に塗料を塗ると塗膜が作られ、直接紫外線や雨風が当たらなくなるため健康的な状態を保てるようになり、建物の長寿命化にも繋がります。
    しかし、塗膜は永久的なものではありません。経年劣化によって塗膜も劣化していき、気付いた時には紫外線や雨風が建材に直接当たるようになってしまうこともあります。
    そうなると建物の劣化スピードも速まってしまうでしょう。
    定期点検を行っていれば、塗膜が劣化する前に異変に気付くことができお家を長持ちさせることができます。
    また、塗料には建物を保護するだけでなく、
    ・外壁を汚れを付きにくくする防汚性
    ・太陽光による熱を反射させて室内に伝わる熱を防ぐ遮熱性
    ・太陽光による熱を伝えにくくさせて室内の温度を安定させる断熱性
    ・付着した汚れを分解し、空気の浄化機能も持つ光触媒
    こうした塗料を取り入れることで、より快適な住まいに変えられます。
    外壁

保証内容を確認しましょう

メンテナンスの重要性について解説しましたが、業者によって保証内容も異なります。外壁塗装を依頼する際にはどんな保証内容になっているのかを確認することが大切です。
具体的にどんなポイントを見ておくと良いのか解説していきます。

  • 保証の範囲を確認しておく
    まず確認しておきたいのは、保証してもらえる範囲です。
    どのようなケースで、どんな状態だと保証してもらえるのか、具体的な部分まで確認できる業者は優良な業者である可能性が高いです。
    逆に具体的な内容などは一切記載されておらず、単に「工事保証があります!」と書かれているだけでは信用できません。
    悪質な業者であればきちんと調査も実施せず、「ただの経年劣化だから保証の範囲外だ」と言われてしまうこともあります。後悔しないためにも、依頼する段階で保証範囲も明確にしておきましょう。
    補修
  • 保証の種類はどんなものか
    外壁塗装の保証には主に3つの種類があると言われています。
    ・自社保証
    ・業者が加盟している組合・団体の保証
    ・塗料メーカーの保証
    いずれも保証期間や範囲は大きく異なります。
    例えば塗料に不備が見られた場合はメーカー保証の対象になりますし、塗り方が原因で不具合が見られた場合は自社保証の対象となる可能性が高いです。
    業者が加盟している組合・団体の保証だと、万が一工事を依頼した業者が倒産した後に不具合が発覚しても、代わりに組合・団体から保証を受けることが出来ます。

  • 保証期間は長ければ良いものではない
    塗料メーカーではそれぞれの商品に保証期間を設けているケースもありますが、業者でも独自に保証期間を設けているケースがあります。
    「30年以上保証します」と書かれていると、長期間保証してくれるし良さそうとイメージしがちですが、実は保証期間は長ければ良いというものではありません。
    例えば塗装してから30年後に業者へ不具合の連絡をしても、「それは経年劣化から起きているものなので保証範囲ではない」と無料対応してもらえない場合も考えられます。
    そもそも塗料の耐久年数が大体8~15年なので、30年も経っていれば経年劣化し不具合が生じてしまうのは当然とも言えます。
    外壁塗装は基本的に約10年を周期にメンテナンス・塗り替えを行うのが一般的のため、業者が設定する保証期間は長くて15年程度でしょう。
    あまりにも長すぎる保証期間を謳っているような業者は、悪質な業者である可能性が高いので十分に注意しましょう。

塗装後もメンテナンスを行ってくれる業者を選びましょう

今回は外壁塗装におけるアフターメンテナンスの重要性についてご紹介してきました。
塗装は永久的なものではなく、経年劣化によってはがれ落ちてしまうものです。建物をいつまでも綺麗に、健康的に保つためには定期点検な塗り替えが必要です。
そんな時はメンテナンスの重要性を考慮した上で、外壁塗装業者に依頼することが大切です。
「別に数年後業者に依頼すれば良い」と思っていても、つい忘れてしまうものです。
数年後にメンテナンスの連絡を入れてくれる業者に依頼しておくと、後からきちんと定期点検を思い出させてくれます。

お家をいつまでも守っていくためにも、定期点検を行ってくれて、時期になって連絡まで入れてくれる業者を選んでおくと安心です。
業者へ依頼する際にはアフターメンテナンスの保証範囲と期間がどれくらいあるのかもチェックしておきましょう。
少しでも分からないところがあれば、業者に尋ねておくと安心です。

ミヤケンのアフターメンテナンスはこちら

 

TOP