塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

スレート屋根の塗装工程と注意すべきポイントとは

今回はスレート屋根塗装の工程と注意ポイントついてご紹介したいと思います。
工程がわかるとお見積りを比較検討する際や業者選びの際の判断基準にもなります。ぜひ参考にしていただけたらと思います。
早速、各工程を見ていきましょう!

スレート屋根の塗装工程とは

まずは施工前の屋根を見ていきましょう。

全体的に色褪せ・汚れやコケが目立ちます。
スレート屋根材は主成分がセメントのため水をはじく力は備わっていません。
表面を塗膜が覆うことによって撥水性を発揮しているのです。そのため紫外線の影響を受けることによる塗膜の劣化に伴い、水はじきが悪くなっていきます。。
ただ、コケが発生していても屋根材自体がしっかりしていれば塗装でのメンテナンスが可能です。

では、まず第一工程「高圧洗浄」です!

御覧の通り右側が洗浄後です。本当に同じ屋根なのか…?と思うくらい高圧洗浄で汚れやコケを落とすと屋根が見違えますね。
トルネード洗浄を行い、しっかりと汚れやコケを落としていきます。(一般家庭用の高圧洗浄機とは段違いの威力です。)

当たり前ですが「高圧洗浄」は非常に大切な工程です。
過去に何度か「数年前に塗装下屋根がはがれてしまった…。」とお問い合わせいただいたことがありますがその原因は下地処理にありました。
塗装が剥げてしまうのは劣化ではなく下地処理、つまり屋根であれば「高圧洗浄」が十分でなかったということです。
高圧洗浄が不十分であればどれだけ高性能な材料を塗ったところで密着が弱く数年ではがれてしまいます。

高圧洗浄後は「下塗り」を行っていきます。

こちらが「下塗り1回目」です。1回目と書いたのでもちろん2回目があります。
説明の前に「下塗り2回目」を見ていただきます!

1枚目と比べていただくと吸い込みのムラがなくなっています。
実は塗料メーカーの規定では屋根の下塗りに関して1回または2回で良いとなっています。
そのため業者さんによって下塗り回数が変わってきますが、ミヤケンの場合、初回の塗装では「下塗り2回」を推奨しております。
先ほどお伝えした通りスレート屋根はもともと水をはじく力は持っていません。
高圧洗浄で汚れや旧塗膜が剥離した屋根材は下塗り材をぐんぐん吸い込んでしまいます。
ただ、屋根は均一に劣化していないので吸い込み切ってしまうところや吸い込まずに下塗りが屋根表面に残るところなどムラができます。
下塗り1回だけではこのムラを解消することはできません。解消しないまま上塗りを塗布してしまうと結果として吸い込ムラによる密着不足・退色のムラの原因に繋がります。
初回の屋根塗装は「下塗り2回」が推奨です!!
ちなみに先ほどの写真の赤く塗られているところは鉄部なので錆止めが塗装されています!

続いての工程は「タスペーサー(縁切り)」です。
このよう様な作業です。

黒い部材を瓦と瓦の隙間に差し込んでいきます。
これは何をしているかというと塗装によって瓦と瓦がくっついてしまうのを防ぐために専用の隙間を作る部材を差し込んでいます。
細かな説明はYouTubeでタスペーサーについての紹介動画があるので是非ご覧ください!

簡単にお伝えすると雨漏りを防止するために適切な隙間を作る作業です。裏を返せば屋根には適切な隙間がないと雨漏りを起こす可能性があります。
屋根の勾配が急な場合や既存の屋根材自体が劣化して反っており隙間が確保できるなどタスペーサーが不要な場合もあります。

さて、しっかり適切な隙間を確保したらいよいよ「上塗り」です。
こちらが「上塗り1回目」

続いて「上塗り2回目」がこちら

ここまで来たので「完成」まで続けてみてみましょう!

「施工前」

「完成」

気持ちがいいほどの代わり映え!お客様より一足お先に完成をみていますが、思うことはいつも一緒で「早くお客様にも見てほしい!この気持ちを共有したい!」と感じています。
もちろん本質は建物を紫外線・雨などから守ることですが、美観としてもきれいになって本当に良かったなぁと思います。
屋根塗装の標準の工程は以上です。

■屋根によって必要な工程

他にも屋根の状況によって棟板金の釘の打ち直し・釘頭のコーキング(抜け防止)などがあります。
是非、お見積りにきちんと各工程の記載があるか確認してみてください。
お見積りに記載されていないということは工事をしない、もしくは記載せずとも工事をする場合の2つに分けられます。
口約束は問題の元になりますので必ず記載してもらうようにしましょう。

WEBで相談・見積もり依頼をする

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
【0120-113-716】
※受付時間9:00~18:00

▼直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

 

TOP