塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

外壁・屋根塗装中の生活に関する疑問と回答

外壁・屋根塗装工事中はお家のまわりの足場の設置や窓の養生(ビニールはり)など、いつもの生活と大きく変わります。工事期間は2週間ほどですが、慣れない生活に「自宅にいるようで別のお家にいるみたい」とお伝えいただくこともあるほどです。

そこで今回は、外壁・屋根塗装中の生活に関する疑問を解決します。これから外壁・屋根塗装をする方は、ぜひ参考にしてみてください。

■よくある質問
  • 外壁塗装中は普通に家に住んでいても大丈夫なのか?

外壁塗装工事を行っている時は、家の中にいて普通に生活している分には問題ありません。お家の周りに足場が組まれるので、移動の際にはくれぐれもご注意ください。

  • 塗装工事中は留守にしても大丈夫?

外壁・屋根の塗装工事をしている時も普段の生活をしていただいて問題ありません。買い物や子どもの送迎など一時的なおでかけも大丈夫です。

一方で高圧洗浄の日はできる限りご在宅をお願いしています。高圧洗浄では雨の日など普段お水の当たらないような軒裏天井にも水圧をかけて洗浄していきます。そのため雨漏りをしないお家であっても、室内にお水が入ることがあるので確認いただくためにご在宅をお願いしているのです。

日中はお仕事で平日のお休みが取れないという方も、ご帰宅後お家の中に雨染みがないか、確認していただいています。

  • 塗装工事中は窓を開けることはできるの?

基本的に塗装工事期間中の窓の開閉は控えていただくよう、お願いしています。外壁・屋根の塗装工事中はすべての窓をビニールで覆います。塗料が飛んでガラスに付着するのを防ぐためです。

ほかにも塗料の匂いには有害性はありませんが、健康被害になる可能性を懸念して窓を閉めてもらうようにお願いしています。ただ、換気扇のないお部屋でいつも窓を開けて換気をしているお部屋については窓が開けられるビニール貼りを行いますので工事が始まる前のお打合せ時にお知らせください。

また、正面の玄関扉は開閉することができますが、勝手口は締め切りをお願いすることもございます。

 

  • 塗装工事中に匂いが気になった場合はどうすればいいですか?

塗装工事中は充分に換気ができないため、塗料の匂いはどうしても気になってしまうでしょう。匂いに敏感な方やシンナーの匂いが苦手な方は、少なからずいます。

そんな時は塗料を選ぶ時に、匂いが発生しにくい水性塗料を選ぶと良いでしょう。水性塗料の匂いでも我慢できない場合は、工事中に外出をして家で過ごさないように工夫すると良いかもしれません。

外壁塗装は留守にしていても行える作業なので、どうしても匂いが気になる場合は外出するのも一つの手です。

 

  • 塗装工事中はエアコンを使っても大丈夫?

エアコンも普段どおり使用していただいて問題ありません。とくに夏場の工事は窓も十分に開けることができませんので体調管理のためにもいつも以上に室温を確認いただき必要に応じてご使用ください。

 

  • 塗装工事中、洗濯物は外で干しても大丈夫?

洗濯ものを外で干すと塗料が飛び散って汚れの付着や塗料の匂いが付いてしまうので、おすすめしておりません。洗濯ものを汚さないためにも、室内干しをすることをおすすめします。

 

  • 塗装工事中に騒音は発生する?

塗装工事の騒音は、足場の組み立て・解体をする時や外壁・屋根の汚れを落とすための高圧洗浄が大きな音の出る工事です。実際に塗料を塗る作業ではあまり音はしませんので、安心ください。

 

  • 工事は何時から何時までするのか

基本的に8時30分から17時までです。季節により、作業時間は変動します。工事の内容によって1日作業・半日作業があります。

弊社では塗装工事中は塗装の職人が毎日「塗り替え交換日記」に本日の作業と明日の作業を書いてお客様にお渡しをしています。作業の変更などもご報告していますので職人と直接会わなくても工事進捗を知ることができます。 

 

  • 空き巣被害が心配ですが、対策はありますか?

塗装工事中は、足場が組まれているため誰でも簡単に2階に上ることができます。そのため窓の鍵の閉め忘れによる空き巣被害に遭うことがあります。

少しの外出時にも必ず窓や玄関のドアは、戸締りをきちんとして出かけるようお願いしています。

 

■不安なことはとことん聞いて解決しましょう

塗装工事中は普段気にならないことも「できない」となると困ってしまうものです。さらに、ご家族によっても気になるところはさまざまです。

工事前のお打合せの際に注意事項などを説明いただき、事前に気になるところを解決することで工事中も安心して過ごせるでしょう。

 

TOP