塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

外壁の汚れの原因と補修方法

外壁が黒ずんでいたり、カビやコケが発生したりしているなら適切な外壁メンテナンスが必要です。

建物の外壁が少し汚れている程度なら、見た目は悪いけれど大きな問題はないだろうと放置してしまいがちですが、もしかしたらお家からのSOSかもしれません。

今回は、外壁汚れの原因や塗料の種類、対処法などをご紹介していきます。

■外壁の汚れについて

雨風にさらされる外壁には、どんなに定期的にメンテナンスを行っていても汚れが付きますし、そのまま放置すれば汚れが定着してしまいます。外壁の汚れを放置すると、建物を守る外壁の塗膜の劣化を加速させ、雨水から建物が守れず、建物の寿命が縮んでしまいます。

お家の寿命を長持ちさせるためには、汚れの原因を理解して塗装が早急に必要なのか判断することが大切です。汚れやすさは場所や環境によって違い、汚れやすい外壁なら塗り替える際に対策を行うべきでしょう。

 

外壁材によっても汚れやすさが違うので、まずは自分の所有物件の外壁について知っておくことが大切です。

 

■外壁の汚れの原因

まず雨風や外気、太陽光などにさらされる外壁が汚れる原因をご紹介します。

  • 雨だれ

外壁に流れる雨には、空気中の汚れや外壁や屋根に付いた汚れが混ざっているので、雨の跡が汚れ雨だれとなって黒く残ります。窓周りによくみられる汚れです。

  • コケや藻、カビの発生

外壁に残った水分を栄養としてコケや藻が繁殖し、緑色の汚れが付きます。カビも同様に、日当たりの悪い場所などに黒いシミのように付着します。外壁表面の防水性が劣化していることがうかがえます。

  • サビの発生

外壁に亀裂が入り、建物内部の金属部分からサビが発生することもあります。サビだれ汚れは一度付着すると落ちにくいためできることなら避けたいものです。また、脚立や自転車などを立てかけた部分に「もらいサビ」が起きるケースも珍しくありません。

  • ホコリや排気ガス

空気中のホコリや排気ガスが付着すると、外壁がグレーまたは茶色っぽく汚れてきます。特に大通り沿いなどの車通りが多い立地のお家に見られます。放置すると汚れが溜まり、色素が吸収され落とすのが大変です。

 

■外壁に汚れが付きにくい塗料

時間の経過と共に外壁が汚れるのは避けられません。外壁の管理・メンテナンスの負担を軽くするには、あらかじめ汚れが付きにくい外壁材や塗料を選択するのもおすすめです。

  • 汚れが付きにくい塗料

外壁に使う塗料には様々なグレードがあるだけでなく、特殊機能がある機能性塗料もあります。汚れが付きにくい塗料としては、低汚染機能の塗料や光触媒塗料がメジャーです。

低汚染機能の塗料は、塗膜が緻密で細かい汚れが付着しにくく、親水性を持たせて汚れが水で流れ落ちるように作られています。弊社ではアステックペイントの低汚染リファインシリーズを使用しています。

光触媒塗料は、二酸化チタンが塗膜の表面を覆い、排気ガスなどの汚れが分解されて落ちやすくなっています。さらに光触媒塗料は、静電気を帯びにくくする性質と、親水性もあるので空気中の汚れが付きにくく、付着した汚れも水で流せるセルフクリーニング効果があるので、より汚れが付きにくいと言えるでしょう。

  • 汚れが付きやすい塗料

反対に、汚れがつきやすい塗料もあります。光沢が少なく落ち着いた雰囲気が魅力の艶消しタイプの塗料は、耐候性が低く汚れが付きやすいのでお家の立地によって使い分けをしたほうがよいでしょう。

■補修方法と費用

外壁の汚れは、定着する前ならシンプルに掃除ができます。

ホースなどで水をかけてホコリなどの汚れを落とし、水だけで落ちない汚れは洗浄剤やブラシ・スポンジなどで優しく擦り洗いするだけです。ただし、長年で蓄積した汚れは強い力で擦っても思うように汚れが落ちないばかりか、塗装の表面や外壁を傷つけてしまう危険があります。

さらに、壁の高いところは洗いにくく、汚れた水しぶきが落ちてくるためシンプルな作業とは言え、実際に自分で外壁掃除をするのは簡単ではありません。

人気の高圧洗浄機は、外壁の塗膜も落ちてしまうため自分で行うのは避けましょう。

外壁の掃除をプロにお願いする場合、高圧洗浄費用は一軒家なら3~5万円、アパートなら5~10万円が目安です。ただ、足場の仮設費用もかかりますので足場をかけて洗浄をするのであれば、塗装を一緒に行うことが望ましいでしょう。

■まとめ

 

外壁は大切な建物を雨風から守る重要な部分です。汚れを放置すると見た目が悪いだけでなく、建物の寿命が短くなってしまいます。

外壁が汚れる原因は様々で、汚れやすさも場所や外壁材や塗料により違うので、外壁の洗浄を機に再塗装するなら、汚れにくい塗装剤を選ぶのもおすすめです。

汚れを落とす作業は自分でやるのは大変で、しかも外壁を傷めてしまう可能性もあります。汚れが気になる外壁の掃除は、外壁のプロに任せると安心でしょう。

TOP