塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

外壁の変色や色褪せの原因と補修方法

1年中、日差しや雨・雪、風にさらされる外壁は、時間とともに劣化していくため、変色や色あせといった状態が見られます。変色や色あせは放置していると、美観以外にも悪い影響を与える可能性があります。

そこで今回は、変色や色あせが起きてしまう原因や補修方法、費用についてご紹介しましょう。外壁の変色や色あせが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

変色や色あせについて

外壁の変色や色あせは、塗装した当時とは違った色に変化していたり、色が飛んで薄くなったりした状態のことです。

塗料の劣化の初期症状として現れるので、大体塗料の耐用年数を迎える前後から目立ってきます。10年耐久の塗料であれば、10年を過ぎたころから徐々に変色や色褪せが起こります。

変色や色あせが起きている時点で塗料の効果が落ちている証拠なので、そのまま放置すると劣化は進んでいき、美観が悪くなるだけでなく屋根材や外壁材を保護する機能や防水効果なども失われて、建物内部にお水を含み雨漏りにつながることがあります。

そのため、変色や色あせが見つかったら、早めに補修した方が良いです。

ただし、少し色が変わっている程度であれば、まだまだ塗料の防水・保護機能は保たれているので、補修を急ぐ必要はありません。

また、塗料の耐久年数よりも早い時期から変色や色褪せが起こる場合は施工不良の可能性もあるので、新築や塗装後であっても定期的にお家をチェックしてみましょう。

 

変色や色あせの原因

変色や色あせは、様々な原因で起きてしまいます。では、どのような原因で起きるのか見ていきましょう。

  • 経年劣化

外壁は常に日差しによる紫外線や雨・雪・風などにさらされ、ダメージが少しずつ溜まっていきます。

特に紫外線は塗膜の劣化を進める作用があるので、年中日差しが当たりやすい南面は色あせが起きやすいです。

  • 施工不良

外壁塗装の際に、しっかり施工されていない場合も変色や色あせの原因となります。例えば、高圧洗浄がしっかりされずに汚れが残っていた、下塗りが不十分であった、下塗りや上塗りの工程が省かれるなどの施工不良や手抜き工事があった場合は、早期に変色・色あせの不具合が起きる可能性があるでしょう。

  • コケや藻、カビの発生

日当たりが悪く湿気の多い外壁では、コケ・藻・カビが生えやすいです。落とさずに放置していると外壁は黒や緑に変色していき、その範囲もどんどん広がっていきます。根を深くまで伸ばしてしまうと、水洗いだけでは簡単には取り除けなくなってしまうので注意が必要です。

  • サビの発生

金属が酸化するとサビが発生します。鉄では赤や黒、銅では青緑のサビができ、雨によって溶け出してしまうと外壁に付着し、変色させてしまいます。また、サビついた金属は強度が落ちてしまうので、ベランダの柵に金属が使われている場合は壊れて事故を招く可能性があります。状況によっては塗装だけでなく補強工事や交換工事が必要です。

  • ブリード現象

外壁に黒っぽい色で線が浮かび上がっている場合はブリード現象と考えられます。ブリード現象は経年劣化によりコーキングに含まれる可塑剤が塗料の表面に浮き出てしまうことを言います。コーキング打替えの際にはブリードしない(ノンブリード)材料で打ち換える必要があります。

 

変色や色あせしにくい色選び

できれば変色や色あせが目立ちにくい色で外壁塗装がしたいと考える人もいるでしょう。

実は、色には変色・色あせが目立ちやすい色と目立ちにくい色があるので、おすすめの色をご紹介します。

白・黒・青の3色は紫外線の影響を受けにくいため、変色や色あせが目立ちにくいです。ただし、白と黒は汚れが目立ちやすいという点がデメリットです。

逆に変色・色あせが起きやすい色は、赤・黄色・緑・紫など原色に近い色、透明度の高い色、暖色系です。

補修方法と費用
  • 補修方法

変色と色あせは汚れではないので高圧洗浄では直せません。そのため、劣化部分の補修は塗装で直していく必要があります。外壁塗装から10年以上経過している場合は、塗料の耐用年数が近付いている、もしくは経過している可能性が高いので、全体的に塗り直した方が良いでしょう。

  • 費用

塗装の場合、建物の規模や塗料のグレードによって費用は異なります。例えば、30坪の戸建てでシリコン塗料を使う場合は、屋根と外壁を合わせた相場は100~120万円と考えるとよいでしょう。塗装工事では複数社から見積りを取って比較検討する「相見積もり」をすることで、適正金額や必要な工事内容などを把握することができます。

まとめ

外壁の変色・色あせは主に経年劣化の症状ですが、他にも施工不良で起きてしまう場合があります。

ちょっと色が変わっている程度であれば、急ぎの対応でなくても良いものの、これからどんどん劣化していくサインなので、長期間の放置は避けた方が良いです。

また、施工不良での変色・色あせは業者の過失のケースが多いため、塗装後は不具合がないかよく確認し、問題があればすぐにやり直しを相談してください。

 

TOP