塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

外壁のチョーキング現象の原因とその補修方法

外壁のチョーキング現象の原因とその補修方法 | 劣化現象

「外壁を触ってみると、なんだか粉っぽいものが手に付着した」これはチョーキング現象といって、外壁の塗料が劣化しているサインです。
大切な家に永く住み続けるには、外壁の状態を知って適切な時期に適切なメンテナンスを行う必要があります。
そのため、あらゆる劣化症状について理解しておくことが大切です。
そこで今回は外壁塗装の目安となるチョーキング現象の確認方法や補修方法について紹介します。
外壁チョーキング

■チョーキング現象とは?

チョーキング現象とは、塗料の成分である顔料が表面に粉状になって浮き上がってくることを言います。
紫外線による影響で発生するため、建物の南側や日当たりのよい場所に出てくることが特徴です。
チョーキング現象は、外壁を手で触ると白や外壁の色と近い色の粉が手に付くので、専門的な知識がなくても確認できます。
また、外壁の塗装が劣化して耐候性や防水性などの機能が低下しているサインでもあります。

早急な対応が必要ということではありませんが、放置しているとさらに劣化が進んでしまいますので、近いうちに外壁塗装の検討をしましょう。
チョーキング

■チョーキング現象の原因とは

チョーキング現象が起きてしまう原因には、大きく分けて2つあります。
1つずつ詳しく見てみましょう。

  • 経年劣化
    外壁 色あせ
    塗料は時間が経つにつれて、徐々に紫外線や風雨によって劣化が進んでいきます。
    新築後10年~15年ほど経つと、中に含まれている顔料が表面に浮き上がってきてしまうことでチョーキング現象が発生します。

  • 施工不良
    外壁 下塗り
    前述の通りチョーキング現象は主に経年劣化で発生しますが、外壁塗装をしてから1~3年でチョーキング現象が発生している場合は、施工不良が疑われます。
    施工時に塗装前の洗浄や乾燥、下塗りが適切に行われていない、環境に合わない塗料が選ばれているなどの原因で塗料の劣化が通常よりも早く進行している可能性があります。

■チョーキング現象の確認方法とは?

気付いていないだけで、ご自宅の外壁にチョーキング現象が起きているのではないかと心配になった方もいらっしゃるかと思います。
ここからはチョーキング現象が起きているかどうかを確認する方法について2つご紹介します。

  • 手で触って確認する
    外壁 チョーキング現
    外壁を手で触って、手に白や外壁の色に近い粉が付着した場合は、チョーキング現象が起きています。
    何となく粉っぽいと感じる程度のうっすらとした粉であれば、まだ外壁塗装の計画を立てる程度でいいでしょう。
    しかし、しっかりと色がわかるくらいに粉が付着するようでしたら、出来るだけ早めにメンテナンスを行うよう専門業者へ見積もりを依頼することをお勧めします。

  • 水に濡らして確認する
    チョーキング現象が起きていると、外壁の濡れた部分が濃く変色します。
    外壁の塗料が防水性を発揮している時には、表面で水を弾くので外壁に浸透はしませんが、水に濡れると変色すると防水性を失って外壁に水が浸透してしまっている可能性があります。
    放置すると外壁自体がお水を含み、コケや藻の発生や外壁を傷める爆裂現象を引き起こす要因になりますので早めにメンテナンスが必要です。

■チョーキング現象の補修と費用

チョーキング現象が起きてしまうと、表面の粉を高圧洗浄などで除去しても原因は塗膜の劣化なので不具合の解決にはなりません。
やはり適切な外壁の塗り替えが必要です。

塗料によっても異なりますが、弊社では25坪程度であれば61~100万円程度費用が発生します。

例えばサイディングのお家であれば築年数が10年以上になるとコーキングの修繕が必要で、約15万円~費用が掛かります。
塗料の種類も耐久年数や機能によって塗料1缶当たりの金額が異なるため大きく差が出てくるのです。
耐久年数

■チョーキングしない塗料は存在するのか?

先に結論を言いますと、チョーキングしない塗料はありません。
顔料の入っていないクリア塗料はチョーキングしませんが、粉が出ないだけでチョーキングする塗料と同様に劣化しています。
塗料によって耐用年数や費用が異なりますので、ご自宅の環境などを考慮に入れながら塗料を選択すると良いでしょう。

クリヤー施工

■チョーキング現象を利用した悪徳業者に注意!

チョーキング現象は塗り替えのサインですが、「早急に塗装しないと危険だ」と無理に契約しようとする悪徳業者も残念ながら存在します。

このチョーキング現象があるからといって、今日明日にでも家に悪影響が出始めるわけではありません。あくまでもお家からの【SOS】と考えていただければと思います。

無理な契約を取ろうとする業者は断って、慌てずにご自身で納得のいく業者を探しましょう。お家の塗り替え工事は金額だけでなく、アフターメンテナンスも充実した業者に依頼するのが安心です。

悪徳業者

■チョーキング現象が出始めたら塗装工事を検討しましょう!

今回は、外壁塗装の目安となるチョーキング現象の原因と確認方法、補修方法について紹介しました。

チョーキング現象とは、塗料の成分である顔料が、劣化によって表面に粉として付着する現象をいいます。
手で触ると粉のようなものが付いたり、雨に濡れた部分が濃く変色することで発見することができ、外壁塗装のメンテナンスの目安です。

また主に経年による紫外線や風雨などの自然環境が原因で発生するため、どんなお家でも見られる劣化です。
まれに、施工不良によってチョーキングが起きる場合があり、1~3年でチョーキングが発生するようなら、その可能性があります。

補修するには外壁の塗り直しが必要で、費用は約30坪で60~100万円程度です。

チョーキング現象は外壁塗装の時期の目安ですが、すぐに家に悪影響が出始めるわけではありません。
そのため訪問業者の方にチョーキング現象を理由に無理に契約を迫られても応じず、ご自身で信頼できる業者を探して依頼してみましょう。

「どこの業者に依頼したらいいか分からない」と思った方は一度、ミヤケンまでご相談ください。
しつこい営業もせず、無料でお家の調査や見積もり書の作成をご案内しています。

いますぐ無料見積もり依頼を申し込む

TOP