塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

真夏に外壁塗装はしても大丈夫?

外壁塗装に適している季節は、過ごしやすい日が多い春か秋だと言われています。
過ごしやすい時期に施工できれば理想的ではありますが、塗装業者の繁忙期が重なって工事ができないといったケースもあるでしょう。
そこで今回は、これからやってくる真夏に外壁塗装工事はできるのか、メリットやデメリットがあるのかなど解説していきます。
また、業者を選ぶ時のポイントについても解説しますので、夏に施工しようと考えている方はぜひご覧ください。

■真夏に外壁塗装はできる?

結論からお伝えしますと、真夏でもすることはできます。
気温が5℃以上・湿度が85%未満・強風や降雨、降雪がない・結露していないといった条件を満たしていれば問題ないからです。
上記の条件を満たしていない状態で施工した場合、季節に関係なく仕上がりは悪くなってしまいます。
施工不良となりトラブルに発展してしまう可能性もあるので、優良な業者であればそのような条件に合致しない日に作業を行います。
しかし、足場の設置や洗浄など天候や気温に関わらず作業できる工程もあるので、降雨や強風時に作業をしているからと言って必ずしも劣悪な業者だと言い切ることはできません。
上塗り

 

■真夏の外壁塗装のメリット・デメリット

真夏は外壁塗装を依頼する方も少ないため、依頼しやすい穴場の時期とも言えます。
しかし、工事中は足場シートを張ったり、塗料が飛散しないように窓に養生がされて換気ができないなど暑さ対策に注意しなければいけません。
続いては真夏に外壁塗装をする際に生じるメリットとデメリットについてみていきましょう。

【メリット】

  • 塗料が早く乾いて塗膜が安定する
    夏は気温が高いため、他の季節よりも塗料が乾きやすいです。
    塗料がしっかりと乾いてくれると、塗膜もより安定感が増し、乾燥不良による塗膜のはがれといったトラブルを防ぐことができます。

  • 予定通りに作業が進む
    前述の通り真夏は塗料の乾燥が早いという他に、日中は比較的に天候が安定している日が多いため、予定通りに作業を進めやすいというメリットがあります。雨が降ると塗膜の不具合の原因になるため、スケジュール通りに作業できなくなってしまいますが、天候が安定している時期ならそのような心配もせずに済むでしょう。
    ただし、真夏にはゲリラ豪雨に見舞われてしまうことがあります。こう言った事態に対してどのような対策を講じているのか、あらかじめ依頼する業者に確認しておくと安心です。

  • 値引きしてもらえる可能性がある

    前述の通り真夏は外壁塗装業者の閑散期に当たります。
    こう言った時期にあえてキャンペーンを行っている業者もありお得に塗装が出来る可能性があります。
    キャンペーンをしていない場合でも、見積もり時の値引き交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。
    しかし、無理な値引きをしてしまうと手抜き工事をされてしまうことがあるので、あまりにも大きな値引きをする業者は避けた方が良いでしょう。
    端数分の値引きや高圧洗浄代を無料にするといった内容なら交渉しても良いでしょうし、業者側から提案してくれることもあります。

【デメリット】

  • 暑さで施工品質に差が出てしまう
    暑いといくらプロの職人であっても集中力が低下してしまうものです。
    経験が浅くて若い職人なら、余計にその傾向が目立ってしまうことがあります。
    もちろん気候を理由にしてはいけませんが、暑さから適切な施工ができずに塗りムラや塗り残しなどが生じてしまう可能性があることは念頭においておくようにしましょう。
    業者として職人の暑さ対策をしっかりと行っているか、定期的に管理スタッフが現場の確認をしてくれる業者かどうかも確認するのも良いでしょう。

  • お盆期間中は工事がストップしてしまう
    足場設置
    お盆の間は塗装業者も休業するところが多いため、予定している工事期間中にお盆を挟む場合は作業が途中でストップしてしまいます。
    つまり、その分工期が長くなってしまうのです。
    工事がストップしていたとしても、飛散防止ネットや足場によって建物は覆われています。
    長期にわたってそのような状態になっていることが、デメリットだと感じてしまう方も中に入るはずです。
    そのため、休工中の配慮をしてくれるかどうか確認するのも良いでしょう。

  • 暑さに耐えなければいけない
    暑さ
    前述でも紹介したように、エアコンを稼働したり、窓を開けたりできなくなってしまうことがあります。
    春や秋のような気温ならそれでも問題ないと感じる方も多いですが、夏はそれだときついと感じてしまうものです。
    コロナウィルスも流行っている中、お家で過ごす時間が多い方も多い傾向にありますので、あらかじめ業者に窓やエアコンに関する対応の相談をしてみるのも良いでしょう。
    このように真夏にはメリット・デメリットがあるため、それを理解したうえで施工の依頼すると不満を感じずに済むでしょう。

 

■真夏に外壁塗装をしたいときはどんな業者に依頼するべき?


真夏はかなり暑くなってしまう日があります。そんな時に業者がどのような対応を取ることになっているか前もって確認しておくようにしましょう。
職人の体調管理も塗装業者の大切な仕事の1つです。
そのため、依頼先の業者がどのような対応をとるのか依頼主も理解し、情報共有しておく必要があります。
場合によっては、工事がストップしてしまう可能性もないとは言い切れません。
それを依頼主があらかじめ把握していないと、トラブルに発展してしまう可能性もあります。
トラブルを防ぐためにも、猛暑になった時の対応がどうか確認することは重要です。

営業スタッフがどのような対応をしてくれるかという点も、チェックしておくべきポイントの1つです。
中には、ひたすら難しい言葉を並べて説明する営業スタッフもいますが、それではしっかりと工事の内容や塗料の種類などを理解できないままになってしまいます。
そうなると、思っていたような仕上がりにならない可能性もあるので、英牛スタッフの対応や相性はとても重要になります。
夏の施工実績や真夏日の対応についても、あらかじめ確認し、きちんと説明してくれるような業者なら安心感も大きくなるでしょう。

■真夏の外壁塗装もOK!実績の多い業者に依頼しましょう!

外壁塗装はどんな季節でも、基本的な条件だけクリアしていれば問題なく作業できます。
しかし、真夏ならではのデメリットや業者選びのポイントを知っておかないと、思っていたような仕上がりにならない可能性もないとは言い切れません。
トラブルを回避するためにも、今回の記事で紹介した内容や施工実績の多い業者さんに依頼する事でより安心できる仕上がりになるでしょう。

【この記事を読んだ方にオススメ】
塗装業者との契約方法と注意するポイント
・悪徳業者の手口も公開!失敗しない塗装業者のポイントとは?
・屋根外壁塗装を安さで決めるのはNG!業者選びと見積もり書の見極め方について

WEBで相談・見積もり依頼をする

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
【0120-113-716】
※受付時間9:00~18:00

▼直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

TOP