塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市南区に屋根外壁の塗装現場調査に伺いました。

この記事を書いた人
伊藤健士郎
伊藤 健士郎

営業部/川越店勤務/2019年入社/桜区在住  お客様のために全力で対応する勉強家。高崎市民からさいたま市民へ。ミヤケン最低音ボイス。

皆さんこんにちは!
浦和ショールーム店の伊藤です。

先日、屋根と外壁の状態が気になるとのお問い合わせをいただき調査に伺いました。
お話を聞いていると、コーキングの状態が気になるとのことでした。
現場調査は、屋根から基礎までしっかりと見ていきます!

まずは屋根です。こちらは下屋根の様子です。

スレート屋根です。
ノンアスベストの屋根材なので、将来的に金属のカバー工事が必要となります。

続いて外壁です。
サイディングボードでした。
今回のお客様のお家は車通りが多いと事にある為、排気ガスで少し汚れが見られます。

塗装の際は低汚染の塗料がいいかもしれません。

続いてはコーキングです。

真ん中から裂けてしまっています。
裏に防水シートがある為、すぐには雨漏りしませんが早めの補修が必要です。

最後は雨樋です。

チョーキング現象が見られました。
塗装のサインといわれています。
雨樋は表面に凹凸がないので表面に細かな傷をつけて塗料の密着をよくします。

以上で調査は終了です。
お家を建てらている状況、状態でお家の傷み方はそれぞれです。
あれ?前こんなだったけ?とお家の異変に気づいたら是非お問い合わせください。

下記のオレンジ色のボタンより、写真も送れる24時間LINE匿名相談も受付中です!

LINE匿名相談はコチラ

TOP