塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市桜区へスレート屋根・モルタルのお家の現場調査に伺いました!

この記事を書いた人
深野博貴
深野 博貴

営業部/大宮店勤務/2019年入社/群馬県出身 入社してすぐチェレンジできる環境を求めて、地元群馬を離れて大宮店へ。高校、大学とラグビー部のゴリゴリの体育会系。

皆さんこんにちは!浦和ショールーム店の深野です。

今回はさいたま市桜区のお客様から屋根・外壁が築年数的に気になるとの事でお問合せいただきました。
福田店長と私で現場調査にお伺いいたしました。それではさっそく見ていきましょう。

まずは屋根です!屋根はスレート瓦が使用されていました。
薄型で軽量なこの屋根材は「コロニアル」や「カラーベスト」とも呼ばれており、広く普及している屋根材です。
診断の結果、屋根全体に退色・コケの発生が見られます。また、棟板金にも退色が見られました。

屋根の劣化の多くは紫外線の影響を受けたことによる経年劣化です。中には台風などの大風や大雪の被害を受けることもありますが経年劣化ほど多くないケースです。
今回のお家の屋根のメンテナンス方法は塗装工事で屋根材を長く維持することができます。
お家の中でも屋根は一番、紫外線の影響を受けやすい部位です。そのため下塗り2回・上塗り2回で仕上げることで塗料のもつ効果が発揮できるようにします。
瓦部分だけでなく、棟板金はサビ止めを入れてから塗装するなど細部まで美観性と防水性を高めます!

次は外壁です。外壁材はモルタルが使用されていました。

外壁材は一度塗装されていることもあり、チョーキング現象は見られませんでした。写真からもわかるようにつやもありますね。
塗膜の防水性が維持されている状態です。すぐに塗装をしなくても雨漏りや外壁材の劣化につながるようなことはないでしょう。
塗装をする場合は高圧洗浄で表面の汚れをきれいに洗い落とした後に下塗り1回・上塗り2回で仕上げます。

次は雨樋です。雨樋全体に紫外線による退色が見られましたが、チョーキング現象はまだ見られませんでした。

割れたり歪んでいる箇所もなく、外壁同様に雨樋の状態は良好です。
雨樋は紫外線の影響をうけると色褪せだけでなく素材の硬化が進むので軽い力でも壊れやすくなります。
そのため塗装は美観だけでなく素材の保護にもつながります。

最後に外塀です。外塀の一部塗膜に膨れが見られました。

おそらく以前の塗膜が膨れてしまっているのでしょう。
現状、はがれてしまっているところはありませんでしたが、再塗装をすることで美観性が向上します。
ここで注意したいのが、ただ塗装すればいいというわけではなく、今膨れてしまっている塗膜を除去する必要があるということです。
はがれかけている塗膜の上に塗装してもはがれやすくなってしまうのです。
除去していくと今膨れている部分だけでなくほかの部分もはがれてきますのですべて除去していきます。
ここまで行って外塀の下地処理が完了します。その後、通気性のよい塗料を塗っていきます。

以上で今回の調査は終了です。
今回のお家では大きな劣化はありませんでしたので急いで塗装工事をする必要はありませんでした。
もちろん早めにメンテナンスをすることで劣化に対する補修費用を抑えることができます。お家の状況を把握していただき、ご検討いただければと思います。
すぐに現場調査にお伺いいたします!

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

TOP