塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

モルタルのひび割れが気になるとのことで富士見市へ外壁屋根塗装の現場調査に伺いました!

この記事を書いた人
営業部川浦
営業部 川浦

営業部/川越店勤務/2020年入社/ 自他共に認めるミヤケン1の元気と声の大きさの持ち主。まっすぐな性格でまわりを明るくします。

皆さん、こんにちは!こんばんは!川越店の川浦です。

今回は、外壁のひび割れが気になるということでチラシを見てお問い合わせいただいたお客様のお家へいってきました。
さっそく見ていきましょう!

まずは屋根から見ていきましょう!屋根材は金属屋根が使用されていました。
金属屋根
このような屋根は「さんぶき屋根」「かわらぼう屋根」ともいわれます。
若干色褪せや汚れがあるものの、サビ等もほとんどなくとても状態がいいので、塗装を施すことによって屋根材をしっかり保護できます!
金属屋根の場合は下塗り(サビ止め)1回・上塗り2回で仕上げます。
弊社の標準の屋根塗装は上塗り2回・下塗り2回の4回塗りですが、金属屋根の場合下塗り材を吸い込まずにしっかり膜をはってくれるので下塗り回数が1回少ないのです。
金属屋根は何度も塗装をするとはがれやすくなることもありますので1回の塗装をきっちり行うことがとても大切です。

続いて、お客様が気にされていた外壁を見ていきましょう!モルタルの外壁でした。
ジョリパッドによって表面に模様が施されており、横縞の素敵な柄が付いています!

そんな素敵なモルタルの壁ですが、サッシの周りを見てみるとひび割れが確認できました。
下の写真のようなこまかな髪の毛のようなひび割れのことを「ヘアクラック」と言います。

窓周りは地震など建物が揺れたときに力が集中しやすく、ひび割れが入りやすい場所です。
サイディングやALCには力を分散させる「目地」があるのですが、モルタルの場合はほとんどありません。
そのためモルタルはひび割れしやすい外壁材です。ただ、今回のひび割れは大きくはないので塗料で隙間が埋まり、特別な補修をしなくても目立たなくなります。
ひび割れは自然に直ることもありませんし、放っておくと別途補修が必要な大きさのひび割れになってしまうこともあります。
もし、モルタルのお家でひび割れが見られる場合は早め早めの塗装のご検討をお勧めいたします!

今回の現場調査は以上です。
屋根も外壁も経年劣化は見られるものの、大きな補修工事は必要ありませんでした。
大きな補修工事があるとその分、費用も追加になってしまうので一番安く済ませるのは早めのメンテナンスです。
塗装のご検討は早めにしていただくことに越したことはないですが、なかなか塗装をいつ検討すればいいのか、今お家の状態はどうなのか判断が難しいかと思います。
築10年などの節目やお家の見た目で気になった部分があった時に一度しっかりとした専門のプロに相談していただくのが一番だと思います。
ミヤケンでは相談・現場調査・お見積もりのご案内まで無料で承っていますので、お気軽にご連絡いただければと思います!
すぐに工事をしない場合の「予算組のためのお見積り」や「相見積もり」も大歓迎です!
浦和店・川越店では色見本や塗装の見本もありますのでぜひ参考に遊びに来てくださいね!

本日も最後までご覧いただきありがとうございます!

TOP