塗り替え実績13,500棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト

関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市桜区にて屋根割れ・雨樋の塗膜のはがれ調査様子をご紹介

さいたま市桜区にお住いの方から、屋根の状態が気になるとのことでお問い合わせをいただきました。
この記事では調査様子をご紹介していきます。
屋根は普段の生活の中で、なかなか確認することが難しいので是非最後までにこの記事をご覧いただければ幸いです。

■屋根の調査

今回のお家では、ノンアスベストの屋根材が使用されていました。
現状の状態をお見せする前に、ノンアスベストについて少しご説明させてください。
ノンアスベストの屋根材はアスベストが含まれる屋根材に比べ強度がなく、屋根の上で作業をしたり、高圧洗浄の水圧により屋根材が破損することがあるため塗装工事はオススメできません。
早速、調査していくと全体的に色あせと瓦の欠けが確認できました。

少し遠目からの状態も確認していきますと、屋根の破片が落ちていました。

前述の通り今回のお家ではノンアスベストが使用されていますので、屋根そのものの強度が不足しているため、屋根上の作業や高圧洗浄で表面が割れてしまう可能性があります。
見た目はスレートと非常に似ており、誤って塗装をしてしまうとすぐに塗膜はがれたり、高圧洗浄の水圧で屋根材が割れてしまうので塗装メンテナンスはNGです。
ノンアスベストの場合は、既存の屋根に新しい屋根材を被せるカバー工法を行うメンテナンスが良いでしょう。
ミヤケンでも屋根カバーの施工を行っておりますので、予算がどれくらいかかるのかなど過去の事例をご覧ください。
【屋根カバーと外壁塗装を合わせた施工事例】

■雨樋の調査

次の雨樋の調査をしていきますと、全体的な色あせが確認できました。

■エアコンカバーの調査

こちらは紫外線の影響で表面の塗膜が劣化している状態です。
放置することで、色も抜けきって美観性が低下していきますので塗装メンテナンスを行いましょう。
今回屋根修繕のメンテナンスで、足場を組む関係がありますので、合わせてメンテナンスウをすると足場を組むのが1回で済みますのでより足場代を抑えることが出来ますのでオススメです!
ご検討の方は付帯部のメンテナンスも一緒に検討してみてはいかがでしょうか。ぜひご検討下さい。

■現場調査を終えて

以上で今回の現場調査がすべて終了しました。
後日、屋根カバー・付帯部塗装を含めたお見積もり書をご案内することとなりました。

お家の劣化状況は、それぞれ異なるため、お客様のお家の状態に合わせてご案内する必要があります。
今回ご紹介したお家と同じ症状・近しいものがありましたら、まずはミヤケンまでご相談ください。

▼WEB申し込みは24時間・深夜でも受付中!オレンジ色のボタンを押してください▼

WEBで無料相談・見積もり依頼をする

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-113-716
※営業時間9:00~18:00です。時間外は留守電にてご対応しております。

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

 

TOP