塗り替え実績13,500棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト

関連
サイト

MENU

staff blog

緊急!! 川越市にて天窓からの雨漏りの現場調査・補修工事にお伺いいたしました。

この記事を書いた人
営業部 髙嶋
営業部 髙嶋

営業部/川越店勤務/2021年入社/兵庫県出身 お客様満足のために、塗装の知識やお客様対応を常に学び続けている努力家。プライベートでは、ダーツについて勉強中。

先日、屋根についている天窓から雨漏りをしているということで、お問い合わせをいただき現場調査に伺いました!
天窓は、日中の採光が期待できることから照明器具の使用頻度を抑えられ有用性は高いです。
そのため、新築時ご検討される方もいらっしゃいますが、実は…雨漏りしやすい箇所なのです。

■天窓の調査

早速調査していくと、天窓のつなぎ目の部分から室内に雨漏りが起きていました。
天窓
天窓のつなぎ目がかなり隙間が空いていたため、そこから水が浸入していたようです。
板金の隙間などから天井裏に入り込めば、内部損傷のリスクがあります。
雨漏りを防止するために、今回つなぎ目の隙間にコーリングを充填(じゅうてん)し隙間を埋める作業を行いました!

■天窓の補修工事

では、ここから実際に補修工事を行った様子をお伝えします。
まず、バックアップ材を中に挿入いたします。
バックアップ材とは、充填するコーキング材の仕上がり深さを考えて、その深さまでバックアップ材を埋めてそれ以上コーキング材が入り込まないように調整するものです。
その他に、目地底にバックアップ材があることにより、三面接着を回避する役割もございます。
三面接着はコーキングのひび割れが起きやすくなる可能性があるのです…。
そういった劣化を防ぐためバックアップ材を使用いたします。
バックアップ材装填
バックアップ材を使用後に、コーキングを充填(じゅうてん)していきます。
シーリング充填
充填した後は、ヘラ均して完成です。
天窓修繕
以上で補修工事が無事に完了しました。

ミヤケンは屋根外壁塗装専門店ですが、塗装以外の雨漏り修繕・付帯部改修・屋根工事などの対応可能です!
梅雨時期に入り、今後雨漏りが起こる可能性も考えられますので、お家に関して気になることは早急に相談しましょう。
専門の調査員がプロの目で診断を行います!

雨漏りを放置すると二次被害も起こる可能性があります!以下のYouTubeにて紹介しておりますので、ぜひご覧下さい。
【【恐怖】雨漏り放置は家にも体にも悪影響を及ぼすことも…?】

▼WEB申し込みは24時間・深夜でも受付中!オレンジ色のボタンを押してください▼

WEBで無料相談・見積もり依頼をする

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-113-716
※営業時間9:00~18:00です。時間外は留守電にてご対応しております。

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

 

TOP