塗り替え実績13,500棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト

関連
サイト

MENU

staff blog

ふじみ野市にて屋根外壁塗装工事前にの現場調査に伺いました!

この記事を書いた人
営業部川浦
営業部 川浦

営業部/川越店勤務/2020年入社/ 自他共に認めるミヤケン1の元気と声の大きさの持ち主。まっすぐな性格でまわりを明るくします。

こんにちは!ミヤケン川越店の川浦です。

ふじみ野市西のお住まいの方から屋根・外壁塗装のお問い合わせいただきました。
築年数は約10年と仰っていました。ちょうどメンテナンスの時期ですね。
お客様が「今のところ気になるところはない」と仰っていましたが、
普段見えない屋根の上までしっかりと調査していきました。

■屋根の調査

初めに、屋根を見ていきましょう!屋根材はスレートが使用されてました。
屋根を調査していくと、色あせが確認できました。


屋根はお家の中でも一番紫外線の影響を受ける場所で、どうしても年数が経ってくると色あせが発生してしまいます。
また、この色あせは屋根材自体の撥水(はっすい)性が低下している状態でした。
放置すると雨水が染み込みやすくなり、コケや藻(も)の発生、カビが繁殖、最終的には割れてしまうなどの危険性があります。
そうなる前に、早めに塗装工事を行うことをオススメします。

■外壁の調査

続いて外壁を見ていきましょう!外壁材はサイディングボードが使用されていました。
早速外壁を手でこするとチョークのような粉が付くチョーキング現象も見られませんでした!

築10年経過していますが、外壁にチョーキング現象やひび割れもなくとても良い状態でした!

このまま、北面の外壁を調査していきました。
屋根同様にコケ・藻(も)の発生が確認できました。

北面などの日差しが当たらない面はコケ・藻の発生が多くなります。
紫外線や雨風の影響で塗膜が劣化しています。
劣化に伴い、防水性も低下して徐々に外壁を傷める原因になります。
お家の防水性だけでなく、美観性にも関わりますので塗装メンテナンスを行う必要があります。
そのため、まずは高圧洗浄で長年の汚れを綺麗に洗い流し、塗装してあげることがとても重要です。

■雨樋の調査

最後に、雨樋を調査していきました。
外壁同様にチョーキング現象も見られませんでした!
雨樋 チョーキング現象
チョーキング現象がなくても早めのメンテナンスが補修費用削減につながりますので、早めの塗装工事のご検討をオススメします!
外壁塗装を行う際に一緒に雨樋も塗装すると、足場を組むのが1回で済みますのでより施工費を抑えることが出来ます。

その他に、軒裏天井などの付帯部も確認して現場調査は終了しました。
どんなお家も定期的にメンテナンスすることで美観を保つだけでなく、雨漏りなどの予防にもなります。
また塗装に関して気になること、ご質問ご相談がありましたらお気軽にミヤケンまでお電話ください!

▼WEB申し込みは24時間・深夜でも受付中!オレンジ色のボタンを押してください▼

WEBで無料相談・見積もり依頼をする

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-113-716
※営業時間9:00~18:00です。時間外は留守電にてご対応しております。

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

 

 

TOP