塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市中央区に屋根外壁塗装の現場調査にお伺いしました!

この記事を書いた人
深野博貴
深野 博貴

営業部/浦和店勤務/2019年入社/群馬県出身 入社してすぐチェレンジできる環境を求めて、地元群馬を離れて浦和ショールームへ。高校、大学とラグビー部のゴリゴリの体育会系。

今回はチラシをご覧いただいたさいたま市中央区にお住いのお客様から、屋根・外壁の調査のご依頼をいただきました。

それではさっそく見ていきましょう。

まずは屋根です

屋根材はスレート屋根が使用されていました。形状からアスベストを含まないノンアスベストの屋根材のようです。
全体的に退色が見られ、塗膜が劣化し撥水性が低下している状態ですが塗装でメンテナンスができない場合があります。
というもの、屋根の強度が高圧洗浄に耐えられずに破損してしまうことがあるのです。
状態やお客様のご要望によって塗装なのか、カバールーフ工事をするのか分かれますが、お家を長持ちさせるのであれば断然カバールーフがおすすめです。

次は外壁です。外壁材はサイディングボードが使用されていました。
汚れ・コケ・退色が見られました。日当たりによって
外壁材の劣化具合が変わっていました。

コーキングの上の塗膜にひび割れが確認できました。


コーキングは防水の要です。古いコーキングは撤去し新しいコーキングを充填することで側面からの水の侵入を防ぐことができます。

次は基礎です。

基礎にひび割れ・破損等は見られませんでした。
汚れ・コケは見られますが特に異常は見られず状態は良好でした。

以上で今回の調査は終わりです。
現場調査の際は屋根から基礎までしっかりと調査させていただきます。
お家の事で気になることがございましたら、24時間LINE匿名相談も行っていますので、お気軽にお問合せ下さい!

LINE匿名相談はコチラ

TOP