塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市桜区に屋根・外壁の塗装無料お見積りにお伺いしました。

この記事を書いた人
深野博貴
深野 博貴

営業部/大宮店勤務/2019年入社/群馬県出身 入社してすぐチェレンジできる環境を求めて、地元群馬を離れて大宮店へ。高校、大学とラグビー部のゴリゴリの体育会系。

皆さんこんにちは!
浦和ショールーム店の深野です。

今回は、先日チラシをご覧になられたお客様からお家の調査のご依頼をいただきました。
まずは屋根です。


屋根は洋瓦が使用されていました。
瓦の破損ズレなどもなく平場からの雨漏り心配はありませんでした。

次は外壁です。

外壁材にサイディングボードが使用されていました。
指で触るとチョーキング現象が見られました。
チョーキング現象とは、塗料に含まれる顔料が表面にチョークの粉のように出てきてしまう現象で
塗膜が熱や紫外線風雨などによって劣化してしまう発生する現象です。
一般的に塗装のサインと言われています。

次はコーキングです。

サイディングボードはコーキングが防水の要です。
外壁材は側面の防水性が低いためしっかりコーキングすることが大切です。
今回、コーキングに剥がれが見られたので早めの工事がおすすめです。

次は雨樋です。

雨樋も外壁と同様にチョーキングが見られます。
触ってみると硬化も見られたので、塗装することで油分を含ませることができ、素材を長期保護することができます。

以上で今回のちょうさは終わりです。
今回のお客様は初めての塗装検討でとても心配されていましたので調査報告書を作成し
現在の状況をしっかりと把握してもらいたいと思います。

下記のオレンジ色のボタンより、写真も送れるLINE匿名相談も受付中です!

LINE匿名相談はコチラ

TOP