塗り替え実績16,500棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン
関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市桜区にて築32年!外壁の塗膜のはがれが気になるお家の調査に伺いました。

この記事を書いた人
伊藤健士郎
伊藤 健士郎

営業部/川越店勤務/2019年入社/桜区在住  お客様のために全力で対応する勉強家。高崎市民からさいたま市民へ。ミヤケン最低音ボイス。

先日、弊社の顧客様から「外壁の塗膜のはがれが気になっている。」とのお悩みで、浦和店にご来店いただき現場調査にお伺いしました。
今回のお家では、屋根にスレート、外壁にモルタルを使用しておりました。
この記事では、お家の劣化症状とそれぞれに対する適切なメンテナンス方法をご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

この記事は、約5分で読み終わります。

■外壁の調査

早速、お問い合わせのあった外壁から調査していくと、塗膜のはがれが確認できました。
さいたま市 外壁 塗膜のはがれ ミヤケン
塗膜のはがれは施工不良によって発生した可能性が高いでしょう。
施工不良は、工事中の下地不足や雨などのお水を含んでしまったことで発生します。
下地が不十分ですと上塗り材としっかり密着できずはがれてしまいます。
また塗料はお水との相性が悪く、その場で問題なく塗装していてもやがて上記の写真のように塗膜が浮いてはがれてしまいます。
塗膜のはがれが起きた場合は、はがれている部分を除去し、しっかりと下塗りを施しましょう。

さらに、他の外壁面を調査していくと、開口部付近からのひび割れが確認できました。
さいたま市桜区 外壁 ひび割れ ミヤケン
モルタルで施工した外壁は、地震などの揺れの影響で、窓周り周辺にひび割れが起きやすい外壁です。
ひび割れを放置してしまうと、長い時間をかけて雨水がじわじわとお家の長へ広がっていき、お家の躯体(くたい)を傷め、雨漏りが発生します。
雨漏りに発展する前に、ひび割れをコーキングで補修してから、塗装を施してお水の浸入を防ぎましょう。

■屋根の調査

続いて、屋根を調査していくと色あせが確認できました。
さいたま市 屋根 色あせ ミヤケン
屋根の色あせは、紫外線や雨風によって塗膜が劣化したことによって発生しました。
これは、防水性が低下している状態ですので、放置するとコケの発生や汚れの付着に繋がります。
コケや汚れが広がって状態が悪化すると、屋根材自体の耐久性が低下してひび割れや欠けが発生するリスクがあります。
そうなる前に、高圧洗浄をしてから塗装工事をすることによって防水性を取り戻しましょう。

■雨樋の調査

最後に、お家の付帯部である雨樋の調査をしてくと、チョーキング現象が確認できました。
さいたま市 雨樋 チョーキング ミヤケン
これは、紫外線や雨風の影響で塗膜が劣化し、塗料に含まれる顔料が粉状になって表面に現れた状態です。
塗膜の防水性が低下している証拠ですので、放置すると、雨樋本体の金属部分を保護している塗膜が機能しなくなり、さびや腐食の原因になります。
さびや腐食が進行して、雨樋に穴が開いたり欠けたりすると、お水を流すという役割を果たすことができなくなってしまいます。
これらは放置しても自然に直ることはないので、まずケレンを行って表面を整えた後、さびを防止する塗料を塗布し、金属専用の塗料で塗装を施すことが必要です。

以上で、今回の現場調査が終了しました。
後日、お客様のご要望に合わせて屋根外壁塗装工事のプランをご提案することになりました。

普段目にするお家でも細かな不具合には気付かないものです。
最近よくハウスメーカーの何年点検で見積もりを出されて…、訪問会社から指摘されて…などのお声が増えています。
とは言え、出された見積もりが適正価格であるかどうか判断するのは難しいでしょう。
そんな時は、私たちミヤケンにまずはご相談ください!
お見積もり・調査は全て無料で行っています。万が一、他社様で工事をお任せすることになっても、調査などの追加費用は一切かかりませんのでご安心ください。

▼WEB申し込みは24時間・深夜でも受付中!オレンジ色のボタンを押してください▼

WEBで無料相談・見積もり依頼をする

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-113-716
※営業時間9:00~18:00です。時間外は留守電にてご対応しております。

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
ご来店予約
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

▼ミヤケン浦和店▼
埼玉県さいたま市桜区栄和4丁目2-4

TOP