塗り替え実績10,000棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン

埼玉サイト ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

川越市小室へ外壁塗装の現場調査にお伺いいたしました!

この記事を書いた人
営業部川浦
営業部 川浦

営業部/川越店勤務/2020年入社/ 自他共に認めるミヤケン1の元気と声の大きさの持ち主。まっすぐな性格でまわりを明るくします。

皆さん!初めまして。川越ショールーム店の川浦と申します。
以後よろしくお願いいたします!

今回はオープンイベントにご来場いただきましたお客様から外壁の調査のご依頼をいただきました。
築10数年…外壁の目地が気になるとのことで、さっそく実際に調査した際の写真とともに見ていきましょう!

まずは、屋根から見ていきます。

今回のお客様のお家は平板瓦と呼ばれる屋根材が使用されていました。
…シンプルかつ高級感がありとてもかっこいい屋根材ですね!
こちらは塗装のメンテナンスが必要のない屋根材なので、全体を見て瓦にズレや破損がないかを調査します。
普段、屋根を見る機会はなかなかないと思いますので、お客様には写真を用いて一緒に確認していただいております!

続いてはお客様が気にされていました、外壁を見てみましょう!

外壁材はサイディングボードが使用されていました。
まず、日の当たる南面の外壁を触って塗膜の状況を確認したところ、手にチョークのような粉が付く「チョーキング現象」は見られませんでした!

ただ…
外壁材同士の間にあるゴムの部分「コーキング」が紫外線の影響によって剥がれている箇所が見られました。

コーキングはお家を守る「防水の要」です!サイディングボードのお家のメンテナンスはこのコーキングが命だといっても過言ではありません!!
メンテナンス方法としては、すべて切り取り撤去した後、新しいコーキングを打ち替えます。
新しいコーキングは防水性はもちろんのこと、弾力性が復活するので耐震性も上がります!

次は付帯部を見ていきましょう!
最初は雨樋です!

雨樋に紫外線の影響による「チョーキング現象」が見られました。
触ったところ硬化も見られたので、水性の塗料ではなく油性(溶剤)の塗料を塗装することで油分を与えてより長期保護できます!

次は水切りです!

こちらの水切りは塗装しないからといって雨漏りするというような箇所ではありません。
しかし、色褪せている場合は外壁を塗装して綺麗になりますとどうしても目立ってしまう部分ではありますので、基本は塗ることをお勧めしております。
ただ、ご予算に合わせてお選びいただけますので、もし塗装をご検討の際はお気軽にご相談いただければと思います!

以上で調査は終了です!
お家によって場所や形状、状況など傷み方は多種多様です。

もし、ブログを見て
「私の家もそろそろかな…」
「このお家と一緒の状態になってる!」
などお家の異変に少しでもお気づきになりましたらぜひ調査させていただきますので、お気軽にご相談・お問い合わせください!
しっかりと調査させていただきます!

本日もミヤケンブログをご覧いただきましてありがとうございました!
川浦でした。それではまた!

TOP