塗り替え実績16,500棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン
関連
サイト

MENU

staff blog

さいたま市桜区にガルバ屋根・サイディングのお家へ現場調査にお伺いしました。

皆さんこんにちは!!浦和ショールーム店の深野です。

先日、さいたま市桜区のお客様から現場調査にお伺いいたしました。
訪問業者さんから「そろそろ塗装の時期」だと売り込みがあり、塗装を検討されたそうです。
そんな時に弊社のチラシをご覧いただき、お問い合わせいただきました。それでは、さっそく見ていきましょう。

まずは屋根です。屋根材に金属屋根のガルバリウムが使用されていました。

ガルバリウムは金属屋根のためサビの発生に注意したいところですが、写真を見てわかるように全くありませんでした。
全体的に紫外線の影響による色褪せは見られますが、経年劣化のひとつなので、あまり心配しなくて大丈夫です!
他にも、屋根の頭頂部や屋根材と屋根材の重なる部分の板金も確認しましたが、浮きや剥がれなどは見られませんでした。
屋根材自体はとても良い状態です。今後のメンテナンスは塗装工事が必要です。
金属屋根を塗装する場合、下塗り1回・上塗り2回の3回塗りで仕上げます。
スレート屋根やセメント瓦などは屋根材の吸い込みムラを考慮して下塗り作業を2回行いますが、金属屋根は塗料を「吸い込む」というより「膜をはる」ので下塗りは1回で十分です!
さらに下塗り材にはサビの発生を防止する「サビ止め塗料」を使用します。

次は外壁材です。外壁材はサイディングが使用されていました。指で触ってチョーキング現象を確認しましたが、全く問題ありませんでした。

新築時の塗膜がまだ効果を発揮しているということですね!
状態がよいので、今の外壁のデザインを生かすクリヤー塗装もおすすめです!

次にシーリングです。
シーリングはサイディングの外壁材のつなぎ目からお水が入るのを防ぐ役割があります。
今回のお家ではシーリングにひび割れが見られました。

紫外線の影響を受けて硬化が進んでいることが分かります。
既存のシーリングをきれいに撤去し、新しいシーリングを充填して防水性を高めてあげることが大事です。
また、外壁に使用する塗料が色付きかクリヤーかによって工事をするタイミングが異なります。
色を付ける場合は塗装工事前、クリヤー塗装の場合は塗装工事後にシーリング工事を行います。
どちらであっても費用は変わりませんので安心してくださいね!

最後は幕板です。紫外線の影響による退色・塗膜の剥がれ・破損個所が見られました。

 
外壁材よりも劣化が見られる状態です。
塗装の際は研磨で塗料との密着性を高め、上塗り2回で仕上げていきます。また破損している箇所はパテで補修をします。

以上で現場調査は終わりです。

私たちは塗装工事を通して、お客様が10年・20年後まで安心した暮らしができるようにお手伝いをさせていただきます。
お家の外部のお困りごとはお気軽にお問合せいただければと思います。
お見積り・ご相談は無料で承っていますし、しつこい営業や必要のない工事はオススメしませんのでどうぞ安心してお問い合わせくださいね!

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

 

TOP