塗り替え実績16,500棟超え! 埼玉の外壁塗装・屋根工事ならミヤケン
関連
サイト

MENU

staff blog

川越市石田へ築10年のお家へ屋根・外壁塗装のお見積りへ行ってきました。

皆さん、こんにちは!こんばんは!
ミヤケン川越ショールーム店の川浦です。

今回は川越市石田のお客様から築年数が約10年経つので、そろそろかなと思っていたところタイミングよく入ったチラシを見てお問い合わせいただきました。

それではさっそく見ていきましょう!まず初めに屋根から見ていきます!
屋根材にはスレート瓦が使われています。
スレート瓦は薄型で軽量の広く使用されている屋根材です。屋根材自体に割れや瓦のズレ等は見られませんでした。

表面の防水性も失っていなそうですね。ただ、頭頂部の棟板金の釘が少し浮いて隙間ができています。
今の状態であれば釘を打って元に戻してあげてから釘頭にコーキングを打ってあげてから塗装をすることで予防することができます!
この釘浮きを放置すると強風によって棟板金がはがれたりめくれたりする可能性があるので早めに対処することが大切です。

続いて、サイディングの調査です!
塗装の目安と言われているチョーキング現象は見受けられませんでした。
紫外線の影響を受けていても外壁材の塗膜の効果を発揮しているということですね。

ただ、表面の塗膜が薄くなり色が少し新築時に比べて落ちてきていますので早めの塗装を行って外壁材を保護することが大切です。
特に今のデザインを生かすクリヤー塗装をご検討の場合は築10年以上経つとおすすめしていません。
クリヤーなので色褪せやひび割れがそのまま残ってしまうためです。

そして、サイディングボードのお家で重要なのが…コーキングです。


サイディングボードのお家で初めての塗装のご検討されるきっかけで一番多いのがコーキングです。
ボードとボードの重なる部分の隙間や窓周りに施工されているコーキングはお家の防水の要です!
今回のお家では外壁とコーキングの接着面がはがれてしまっていますので、もしかすると新築施工時のプライマー(接着剤)不足の可能性があります。
コーキングの寿命でコーキングが切れてしまう場合はコーキングの中心部分にひび割れが入ります。このままでは塗装のされていない外壁側面からお水を吸ってしまいます。
そのため今のコーキングを全部撤去した後に新しいコーキングを充填する「撤去・打替え」を行う必要があります。
さらに色を付ける塗装の場合、コーキングの上から塗装していきますのでいままでのコーキングよりも紫外線の影響を受けにくくなるため長持ちします!
※塗料によっては施工方法が変わります。
ちなみにコーキング工事には「増し打ち」と呼ばれる工法がありますが、サイディングの外壁には不向きなのでお見積り書などで工事内容をしっかり確認しましょう!

以上で今回の調査が終了しました。
今回のお家では築10年ということもあり建物自体の大きな劣化は見られず、とても良い状態でした。
すぐに工事をしないと雨漏りに…というわけではありませんが、早めに塗装やコーキングの打替えをすることで防水性が上がるとともに美観の維持にもつながります。

ブログでもっといろいろなお家を紹介しながら、施工方法なども紹介できたらなと思っていますので楽しみにお待ちください!
またブログを投稿させていただきますので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです!
川越店の川浦でした!では!!

TOP